女女ジョイ

超簡単!ご飯がすすむアボカド漬けレシピ厳選6!

今回は森のバターとも呼ばれている栄養価抜群の果物・アボカドを【漬け】にしたレシピを厳選6つご紹介いたします。アボカドは特に女性に人気の果物ですが、美肌にも効果的なんだとか!思わずご飯が止まらなくなってしまう絶品レシピを試してみませんか?

アボカドの成分と効果

【成分】

世界一高い栄養価としてもギネスブックに記載されているアボカド。全体の約20%が脂肪分ということで少しカロリーについて気にしてしまう人も多いかもしれませんが、主の油はオメガ9(オレイン酸)やリノール酸、リノレン酸、という良質な油なのです!
オレイン酸というのは、不飽和脂肪酸で血液中の悪玉コレステロールを減らし、血液をサラサラにする効果があると言われ、動脈硬化予防や、抗酸化作用もあるようです。また、ビタミンEやビタミンA,C、カリウム、マグネシウム、リンなどのミネラルをたくさん含んでいるのです。

【効果】

主な効果としては、利尿作用・高血圧予防・動脈硬化予防・脳梗塞予防・心筋梗塞予防・がん予防などが挙げられています。また、食物繊維もたっぷりと含まれているので便秘解消にも効果的と言われてます。そして老化防止に役立つ成分もたくさん入っているので、アンチエイジング効果も期待ができると言われています。

それでは思わずご飯も進んでしまう絶品アボカドの漬けレシピを6つご紹介します。

1・めんつゆ漬け

【材料】

めんつゆ…適量
レモン汁…適量
ごま油…適量
アボカド…1個

【レシピ】

  1. 容器にめんつゆと水を加えて自分好みの味に薄めておく。
  2. 1にレモン汁とごま油を適量入れ、調整したら一口サイズにカットしたアボカドを加えて、ラップをして冷蔵庫で1日ほど漬け込んで完成。(この時ラップではなく、アルミホイルで落としぶたをするとより染み込みやすくなります)

アボカド好きな人であれば、一番試したことのある漬けレシピというのはめんつゆではないでしょうか?醤油ほど濃くない、ほんのり甘みのあるめんつゆ漬けのアボカドは熱々のご飯との相性は最高レベルです。レモン汁が入ることによってさっぱり食べることができ、ここにサーモンなどを一緒に漬けても絶品なのでおすすめです。

2・にんにく醤油漬け

【材料】

醤油…大さじ1
みりん…大さじ1
にんにくおろし…大1片分
大葉 (青しそ)…2枚
ごま油…小さじ1
アボカド…1個

【レシピ】

  1. アボカドを半分に切り、皮を剥いて1.5cmのひと口大に切る。
  2. 耐熱容器にみりんを入れて電子レンジで15秒加熱し、そこに醤油、にんにく、大葉の千切り、ごま油を加えてしっかりと混ぜる。
  3. アボカドと2のタレを良く混ぜ合わせ、冷蔵庫で30分以上漬け完成。

アボカドとわさび醤油というのは、漬けずにそのままでも定番の美味しさですよね。そこににんにくが入ることによって、食欲もそそられ、なんともパンチのある味に!

大葉のさっぱりさも加わり、飽きのこない味なのでいくらでも食べられてしまいそう。

3・わさび醤油漬け

【材料】

醤油…120cc
みりん…60cc
わさび…小さじ1弱(チューブタイプ)
旨味調味料…少々
アボカド…1個

【レシピ】

  1. アボカドを適当な大きさに切り、漬け汁を全て合わせておく。
  2. きれいに洗って消毒した保存ビンなどに、アボカドを敷き詰めその上から漬け汁を注ぐ。
  3. 冷蔵庫に入れて1~2日漬けて、完成。

二日間ほどじっくり漬け汁に漬けることによってアボカドは、醤油色に黒っぽく染まりますが驚くほどにトロトロの食感に!口のなかに入れた瞬間トロけます。

お好みで醤油の量を調節して、自分好みの味にしてみるのも楽しいかもしれませんよ。ご飯のおかずとしてもこれだけでもメインになるくらい箸を進む手が止まりません!

4・塩レモン漬け

【材料】

ポッカサッポロ「塩レモン」…大さじ1
醤油…大さじ1
胡椒…少々
アボカド…1個

【材料】

  1. 硬めのアボカドと塩レモン、醤油、胡椒を密封袋に入れる。
  2. 入れたら軽く揉み込む。
  3. 冷蔵庫で1時間ほど味を染み込ませて完成。

アボカドの塩レモン漬けってどうなの?と最初は疑問に思うかもしれませんが、これがまたあと引く美味しさ!レモンの酸味とトロッとしたアボカドの食感が絶妙で、いくらでも食べられてしまいそうなくらい絶品なんです。レモンによってアボカドの色が変化するのも防いでくれるので、おもてなしのメニューにも良いですね。

5・味噌漬け

【材料】

味噌…50g
料理酒…大さじ1
アボカド…1個

【レシピ】

  1. アボカドを半分にカットし、種を取り、皮を剥く。
  2. 1.5センチ角の一口サイズに切り、味噌と酒を混ぜ合わせたタレと一緒に密封袋などに入れて味を染み込ませる。(冷蔵庫で一晩ほど)
  3. 味が染み込んだら、水で軽く洗い流して完成。

程よい味噌の香りと塩加減は、濃厚でクセになる味でお酒のおつまみに最適です。味噌に漬け込むことで、アボカド本来の甘みがさらに強調されて感じることができますよ。材料も普段お家にあるもので簡単にできてしまうので、手軽なおつまみにはぴったりのレシピ。

6・コチュジャン漬け

【材料】

◎コチュジャン…大さじ1
◎ごま油…大さじ1
◎みりん…大さじ1
◎醤油…小さじ1
◎ごま…適量
パクチー(付け合わせ)…適量
アボカド…1個

【レシピ】

  1. あらかじめ◎の調味料を別皿に合わせておく。
    密封袋などに一口サイズに切ったアボカドと1を入れ、冷蔵庫でよく味を染み込ませておく。
  2. 1時間〜ひと晩寝かせ、味がしっかりと入ったら、付け合わせのパクチーをトッピングして完成。

韓国料理でおなじみの調味料・コチュジャンとごま油やみりんを合わせて使用することによってパンチの効いたアボカド漬けになります。ピリッとした辛さがクセになって、まさに白米との相性は抜群!

まとめ

いかがでしたか?上記のレシピは個人的にも本当に美味しい!と思わず口に出してしまったものばかりです。ついついご飯を進む手も止まらなくなってしまう可能性があるのが危険なところですが…そのまま食べるだけのアボカドの食べ方に飽きたらぜひ試してみてくださいね。